スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウス・バウンド 奥田 英朗 



◆ひとことストーリィ
父親が元過激派という、小学六年生の主人公二郎の目線で描かれた冒険&青春小説。

Amazonで詳しく読む
◆気ままな読書感想
すごくすごく素敵な小説だった。1部と2部を分けて二冊の本にしても良かったと思う。
おかしいことはおかしいと言う。自分だけの楽園を創る。人間という生物の本質は何かを考える。主人公二郎の父親は型破りと言われ常識外れと言われるけど、それをやめない。二郎の目線は子供なのに冷静で、そんな父親の良い部分も悪い部分も理解して愛しているのが伝わってくる。
ゼロ・リセットするということは何て難しいことなんだろう。制約やしがらみは一人きりで生きていけない以上当然のようについてくる。その檻がある限り、コミュニティにおける「常識」は存在し、幼いころからその常識をたたきこまれるのはどんな生き物も同じなのかもしれない。
私は右寄りの思想の父親を持つ男の子ともつきあったことがあるし、左寄りの思想の父親を持つ男の子ともつきあったことがある。どちらの父親も少数派になるくらいの寄り方だった(つまり、どちらの世界にも名が通っていた人たちだった)。私は大多数の日本人と同じようにどちらでもなく、どちらの言い分にもうなずける部分と拒否したい部分があると思っていたのだが、息子たち二人は社会に対して、政治に対しての考え方はかなり違っていて、私は片方といた方が居心地が良かった。そうして初めて自分はどちらかと言えばこちらよりの考え方をするのだな、と気がついた経験がある。
この作品に出てくる父親、一郎もかなり偏った思想の持ち主だ。しかし、だからと言って他人を認めないわけではないし誰に対しても真正面からぶつかっていく。曖昧な部分がない、というのは怖い。ゼロ・リセットして、色々な意見を聞きながら、自分の足で調べ、自分なりの感情と考え方をつくっていくのはとても大変だ。一郎はそういう努力を怠っている人間には容赦がない。それは曖昧に生きてきた人間にとっては恐怖意外の何ものでもないと思う。
彼らは結局、自らの力で一番幸せだと思える生き方を選択していく。そのやり方はともかくとしても、選択する勇気と努力は素晴らしく、私も真似しよう!と密かに心に決めてしまった。



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gennsaku.blog62.fc2.com/tb.php/54-10ed0dcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。