スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラダを着た悪魔 ローレン・ワイズバーガー 



◆ひとことストーリィ
大学出たての田舎娘が手にした「百万人の女の子が羨望のまなざしを贈る」職。ファッション誌の編集長のアシスタントというその仕事の実態は・・?

Amazonで詳しく読む
◆気ままな読書感想
いやはや何とも疲れる作品でした。一度でもがむしゃらに働いたことのある人間なら理解できるこの作品の「疲労感」はとてもリアルで、もうやめてーと何度叫びそうになったことか。
タイトルの「悪魔」である編集長の要求はほとんどギャグで、コーチングだのマネジメントだのって騒がれているビジネス界とは正反対の位置にある。でもさー、いるよねこういう人・・と共感できちゃうからまたタチが悪い。顧客にしろ上司にしろ同僚にしろ、こういう人は(程度の差こそあれ)存在するのよね・・・そういう人とどうやって上手くつきあっていくか、というのも力量のひとつと見做されるなんて、社会人って怖いなぁ。
今自分が置かれている立場や仕事とついつい比べちゃって、私はまだここまでがんばってない!明日もがんばろう!と思えた。小説をこんな風に使うのは本当は好きではないのだけど、そういう風にしか使えないという本でもあった。映画化されるらしいけど、リアルさは薄まりそうだなー。化粧が落ちててかてか光ってる顔に気がつかないくらい忙しい、という状況をどうやって表現するのかしら?ある意味見ものかもしれないですね。

◆キャスティング妄想
11月に公開予定らしいです。
主演はメリル・ストリープ。
http://www.imdb.com/title/tt0458352/
http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gennsaku.blog62.fc2.com/tb.php/50-3bb4c5d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。